상단으로

朝鮮通信使硏究

All Issue

HOMEJournal Search All Issue

朝鮮通信使硏究 / June 2009 Vol. 8 No.

8세기 전반기 通信使 醫學筆談의 展開 및 內容的 特性 - 『兩東唱和後錄』, 『桑韓醫談』, 『桑韓鏘鏗錄』下, 『桑韓醫問答』을 중심으로

金亨泰

朝鮮通信使硏究

Vol.8 No. pp.1-47

Keyword : 양동창화후록,상한의담,상한장갱록,상한의문답,대화형식,兩東唱和後錄,桑韓醫談,桑韓鏘鏗錄,桑韓醫問答,對話形式

『誠信堂記』が語るもの雨森芳洲と玄錦谷にみれ 『誠信の交わり』 『誠信堂記』が語るもの雨森芳洲と玄錦谷にみれ 『誠信の교わり』

信原 修

朝鮮通信使硏究

Vol.8 No. pp.49-80

Keyword : Seishindoki,Amenomori Hoshu,Hyeon Teog-yun,diplomatic negotiation,seishin(sincerity)

對馬宗家における朝鮮通信使文書の管理 - 文化度通信使における讀み下し文書

東昇

朝鮮通信使硏究

Vol.8 No. pp.81-105

Keyword : 대마번,조선통신사,로중봉서,독み가명,讀み假名,對馬藩,朝鮮通信使,老中奉書

永嘉臺 海神祭 祭需 요리의 원형복원에 대하여

李京姬,趙守美,韓泰文

朝鮮通信使硏究

Vol.8 No. pp.107-138

Keyword : 해신제,해독제,국조오례의,해유록,일관기,해,저,海神祭,海纛祭,國朝五禮儀,海游錄,日觀記,醢,菹

회칙

朝鮮通信使硏究

Vol.8 No. pp.139-163

Keyword :

1
Export citation